『カラオケ行こう!』が世界一嫌いで歌に自信がなかった僕がたった30日間自宅でできるあることでカラオケで90点を余裕で取れる音程と高音を手に入れ、人前で堂々と楽しく歌えるようになった方法

『カラオケ行こう!』が世界一嫌いで歌に自信がなかった僕がたった30日間自宅でできるあることでカラオケで90点を余裕で取れる音程と高音を手に入れ、人前で堂々と楽しく歌えるようになった方法を教えます!

これだけで!?あなたの歌が歌手の歌になるたった一つの方法!

んにちは!

 

よっしーです!

 

皆さん。

歌うときに表現力

気にしていますか?

 

音程やリズムが取れていても

 

「プロの人とはなんか違うな。」

「盛り上がりにかけるんだよなぁ。」

 

なんて思っているあなた!!

 

ズバリ!!

あなたの歌には圧倒的に

表現力が足りません!!

f:id:xz222abc:20190525155841j:plain

 

「表現力ってなんだよ。」

 

そうなりますよね。

 

簡単に言うと

歌に強弱が足りない。

 

そういうことです!!

 

今回はあなたの歌の

表現力を上達させるための

方法をお教えします!!

 

この方法を知っていると、

あなたの歌は

プロの歌手のように

 

「人を惹きつける歌」

f:id:xz222abc:20190525160003j:plain

に変わります!!

 

そして

「あなたの歌をもっと聴きたい。」

 

「一緒にカラオケ行こうよ!」

 

なんて

予約殺到な状態になります!

 

こんな状態になったらあなた自身

 

「歌うことが楽しい」

「もっといろんな歌を歌いたい!」

 

と、思えるようになります!

歌うことが楽しくて仕方ないですよ!

 

 

逆にこの方法を

知らないと、

 

「なんか盛り上がらない。」

「あの人の歌って感情がないよね。」

f:id:xz222abc:20190525160124p:plain

 

なんて言われて

聴いてくれる人が

いなくなってしまいます。

 

自分が歌っているときに

周りでみんなが

 

スマホをいじっていたり、

おしゃべりしているのを

想像してみてください。

 

なんだか、

惨めな感じですよね。

 

そうならないためにも

あなたには

是非この方法を

実践して貰いたいです。

 

そして、歌に強弱をつけて

 

「あの人の歌に惚れた。」

f:id:xz222abc:20190524125522j:plain

 

と、聴いたひと全員に

言わせてやりましょう!

 

 

では、何をすればいいのか。

 

 

それは、

 

 

高い音のところで

大きな声を出す。

f:id:xz222abc:20190523161225p:plain

 

です!

 

それでは、なぜ

高いところで大きな声を出すのか

説明します。

 

まず、歌の要所要所で

大きな声で歌ったり

小さな声にしたりすることで、

歌に抑揚が生まれます。

 

歌に抑揚がつくと、

ただ淡々と歌うよりも

人を惹きつける歌になります。

 

また、AメロやBメロ

サビなんかで一番

メッセージ性の強い言葉は

高い音になっています。

 

サビも

AメロやBメロに比べて

音が高くなっています。

 

つまり、音が高いところは

歌詞で一番伝えたいところ

なのです!

f:id:xz222abc:20190525160355j:plain

 

AメロやBメロ

サビ、ってなに?

と思う方は下記のリンクを

参照してみてください!

 

Aメロ?Bメロ?「Love so sweet」で解説! | オカピの♪嵐の歌割り研究ブログ

 

ここを強く歌えると

多くの人に歌のメッセージ性が

伝わり、人を惹きつけます!

 

実際に

プロの歌手の人の歌を

聴いてみてください!

f:id:xz222abc:20190525160506j:plain

 

ずーっと同じテンションでは

歌われていないはずです。

 

弱いところ、強いところが

それぞれあると思います。

 

これを意識するか

しないかでは、

あなたの歌は

格段に変わっていきます!

 

 

じゃあどうやって

強弱をつけるの?

 

これは、段階的に

説明します!

 

①歌いたい歌を良く聴く

 

自分が歌いたい歌を良く聴いて

サビの前や後で

一番高い音になっている

メロディを探します。

 

②高いところを強く歌う

 

ここで注意なのですが

ただ高いところだけ強く歌っても

相手には威圧的に聞こえます。

 

高いところにかけて

山なりになるように

徐々に声を大きくしていき、

そして徐々に小さくしていく。

f:id:xz222abc:20190525161302j:plain

 

 

このようにしてみてください!

 

さあ今すぐ

あなたが歌いたい歌を

もう一度聴いてみましょう!!

 

あなたの歌で

周りを感動の渦で

飲み込んじゃいましょう!

 

あなたの歌が

より良くなりますように。

 

 

 

 

 

よっしー