『カラオケ行こう!』が世界一嫌いで歌に自信がなかった僕がたった30日間自宅でできるあることでカラオケで90点を余裕で取れる音程と高音を手に入れ、人前で堂々と楽しく歌えるようになった方法

『カラオケ行こう!』が世界一嫌いで歌に自信がなかった僕がたった30日間自宅でできるあることでカラオケで90点を余裕で取れる音程と高音を手に入れ、人前で堂々と楽しく歌えるようになった方法を教えます!

誰もがやっているあれが実は歌には超重要、、!?

んにちは!

 

よっしーです!

 

本日お伝えするのは

歌を歌うためには

超重要ないつも誰もがやっていること

についてお話しします。

 

これ、凄く大事なんです。

 

これを知らないで歌うと

この先必ず壁にぶち当たります。

 

「練習しても練習しても

歌が全然うまくならない。。」

f:id:xz222abc:20190512134116j:plain

 

そんなことありませんか?

 

そんな人は、今回お教えする

あることをするだけで

凄く歌がうまくなるかもしれません。

 

このことを意識すると、

声が遠くまで響き、

なんと高音が出しやすくなります!

 

では、

そんな魔法のような事は何か。

 

それは、

 

あくび

f:id:xz222abc:20190521231913j:plain

です!!

 

正確にはあくびをしているときの

のどの開きです。

 

あくびをしているとき、実は

のどが凄く開いている状態

になっているんです。

 

では、なぜ

のどを開くことが大事なのか。

 

歌を歌う際には

「音を響かせる」

と言うことがとても重要です。

 

音というものはそもそも

「空気の振動」によって

生まれています。

 

声を出すときにのどを閉じていても

音を振動させるスペースが少ないため、

全然響きません。

 

ですから、喉をしっかり開けて

音が響くようにするんです。

 

楽器などを見てください。

 

トランペットやギターなど

楽器には必ず空洞の部分があります。

f:id:xz222abc:20190521232031j:plain

 

これは音をしっかり響かせるのに

必要だからなんです。

 

さらに喉を開くと

高音が出しやすい、という

効果もあります。

 

ではどうやって

喉を開くのか。

 

これは凄い簡単です。

 

あくびをしてください。

 

 

そしてそのときの

喉が開いてる感覚を

覚えてください。

 

喉の奥を

ぐっと開く感じです。

 

この状態を維持したまま

歌を歌うだけです。

f:id:xz222abc:20190521232239j:plain

 

 

それで、あなたの歌の響きは

まるで別物になります。

 

大きな声も出やすくなり、

歌の幅が広がることでしょう!!

 

ですから今すぐ

 

あくびをしましょう!!

 

その喉の開きがあなたの歌を

より良くしてくれますよ!!

 

 

 

 

 

よっしー